スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然植物活力液 竹のエキス

天然成分100%! 化学物質一切不使用!
天然植物活力液 竹のエキス

takeex1L_200px.jpg

「竹のエキス」は竹の成長部分だけを贅沢に取り出し、特殊加水分解技術により、
自然の竹が持つ植物成長促進成分を余すとこなく抽出しています。

※農薬ではありません。
※竹酢液ではありません。




植物が活性化して、元気が良くなる。
花や葉がみずみずしく、きれいになる。
実が大きくなる。
種の発芽が良くなる。
根の張りが良くなる。
密度が増す。
早めに収穫ができる。
植物本来の能力を発揮するようになる。


take_nasu_2014-06-05_400px.gif

→「天然植物活力液 竹のエキス」の詳細はこちら


スポンサーサイト

新商品「天然植物活力液 竹のエキス」

天然植物活力液 「竹のエキス」

takeex5L_200px.jpg

野菜・果樹・花き・庭木などあらゆる作物の生育を促進します
『特殊加水分解』技術で有用な成分を効率よく抽出しております!

『竹』は、一夜にして1メートルほど成長する能力があり、特殊な構造の木材です。

この竹の抽出液(竹のエキス)を作物へ施すと、葉や茎の成長・根張りが促進され、作物本来が持つ様々な力を増強させる効果が確認されています。

「竹のエキス」は竹の成長部分だけを贅沢に取り出し、特殊加水分解技術により、自然の竹が持つ成長促進成分を余すとこなく抽出しております。

初期生育の促進
樹勢強化
根張り促進
細胞分裂促進 等

様々な用途でご使用いただけます。


→「竹のエキス」のご注文はこちら

アミノ酸

アミノ酸
タンパク質を構成する有機物。または有機物の分解過程で生じる大小のタンパク質やその分解物をはじめとするさまざまな水溶性の有機態窒素。
分子の構造中にアミノ基とカルボキシル基をもつ。
20種類のアミノ酸で生物のタンパク質はつくられている。
アミノ酸は有機物(タンパク質)が分解する過程でもつくられ、アミノ酸肥料や堆肥中にも存在する。




エアレーション・切り返し

エアレーション・切り返し
堆肥や発酵肥料をつくるときに行なう原料の撹拌や空気の送り込みのこと。
穴の開いたパイプを堆肥舎などの床に配管して空気(酸素)を吹き上げ、発酵(微生物の活動)を調整することをエアレーション、原料を撹拌、堆積し直しながら空気を供給する作業を切り返しという。
空気は多いほどよいわけではなく、冬期に送風量を多くするとかえって品温を下げて発酵が進まないこともある。
気温(送風する空気の温度)と送風量を加減しながら適当な品温を保つことが大切である。



有機栽培

有機栽培

有機物を発酵させて肥料とする栽培方法。
有機質を発酵させた堆肥やアミノ酸肥料、ミネラル肥料などを使う。



生育促進、味や糖度の向上
土壌の活性化に最適な無添加天然有機質肥料(魚粉)
「フィッシュパワー」

栄養生長・生殖生長

栄養生長・生殖生長

●栄養生長
・植物の生長の中で葉や根、枝など植物の体を大きくしていく生長のこと。
・栄養生長で光合成を十分行なえる体をつくる。
・主要養分はチッソ。
・栄養生長に片寄った生育では、花が止まらない、奇形果ができる、糖度が十分高くならないなど弊害がある場合がある。

●生殖生長
・栄養生長の後の、花を咲かせ、実をつけて、タネを残す生長のこと。
・光合成によってつくられた炭水化物で子孫を残す。
・主要養分は炭水化物。

<栄養生長期間中に収穫する作物>
○コマツナ
○ホウレンソウ など

<栄養・生殖同時生長の作物>
○トマト
○キュウリ
○ナス など

<栄養生長で体を大きくし、その後の生殖生長による部位を収穫する作物>
○スイカ
○ブロッコリー など



光合成を高めてさらに発根を良くする
発酵酵素液「B酵素」



養生発酵

一次発酵・二次発酵・養生発酵

●一次発酵
堆肥原料を堆積してから、品温が初めて50℃~60℃になって、切り返しを行なうまでの発酵の工程をいう。
主に糸状菌が活動して分解しやすい有機物を分解し、他の微生物のエサとなる糖やアミノ酸をつくる。

●二次発酵
最初の切り返し後、品温を50℃~60℃に維持しながらセンイなどの難分解性の有機物を分解していく工程で、一次発酵でつくられた糖をエサに、納豆菌や放線菌、酵母菌が増殖し、アミノ酸やビタミン、各種酵素など、さまざまな有機物がつくられる。

●養生発酵
品温を下げながら難分解性有機物の分解をさらに進めて、水溶性の炭水化物をつくる工程。堆肥中の微生物の数を多く保ったまま、放冷・乾燥を進めて、微生物の活動を徐々に休止させていく。




糖度・免疫力を向上!発根促進!
発酵酵素肥料「B酵素」



有用元素

有用元素

特定の条件や作物に対して生育によい影響を与える元素。
ケイ素(ケイ酸)、ナトリウム、アルミニウム、コバルトなど。


→ミネラル・微量要素・アミノ酸「有機肥料 海藻ミール」

→天然ミネラル配合「ミネラルジェット」

→100種類以上の微量要素をバランスよく含んだ 天然素材100%の生育促進液「マグプラス」

ミネラル肥料

ミネラル肥料

石灰や苦土は酸性土壌を改良する資材(土壌改良材)として使われることが多かったが、ミネラルは本来、植物にとって必要不可欠な肥料養分である。土壌改良材という位置づけではなく、作物が必要とする量を知り、土にどのくらいあるかを知って、必要量を施す、という見方でミネラルを見たときの名称。
有機栽培では根の活力が増し、土壌中のミネラルの吸収、消耗も早い。
ミネラルをきちんと肥料として位置づけることが安定した有機栽培につながる。




→ミネラル・微量要素・アミノ酸「有機肥料 海藻ミール」

→天然ミネラル配合「ミネラルジェット」

→100種類以上の微量要素をバランスよく含んだ 天然素材100%の生育促進液「マグプラス」

ミネラル

ミネラル

有機物を構成している炭素・水素・チッソ・酸素以外の生体にとって欠かせない元素(多量要素、微量要素、有用元素)のこと。
植物の種類や生育段階によって必要な種類や量は異なることが知られている。
植物の体をつくったり、さまざまな体内の化学反応になくてはならない。
欠乏すると生育が妨げられるが、多すぎても過剰症をおこすので、施用量には注意が必要になる。



→ミネラル・微量要素・アミノ酸「有機肥料 海藻ミール」

→天然ミネラル配合「ミネラルジェット」

→100種類以上の微量要素をバランスよく含んだ 天然素材100%の生育促進液「マグプラス」

微量要素

微量要素

植物が生長するのに必須の元素ではあるが、その必要量が比較的少ない元素。
微量要素には現在、鉄、マンガン、ホウ素、亜鉛、銅、モリブデン、塩素、ニッケルが認められている。
これらはタンパク質と組み合わさって酵素などをつくり、作物の代謝に重要な役割を果たしている。

日本ではホウ素とマンガンで要素欠乏を起こしやすいといわれているが、その他の成分の手当てが必要な場面も多い。ただし、過剰症も起こしやすいので施用量には注意する。


→ミネラル・微量要素・アミノ酸「有機肥料 海藻ミール」

→天然ミネラル配合「ミネラルジェット」

→100種類以上の微量要素をバランスよく含んだ 天然素材100%の生育促進液「マグプラス」

腐植

腐植

植物残渣など土壌中の有機物が微生物によって分解され、さらに化学的・生物的な働きを受けてできた大小さまざまな有機物の渾然一体物。
土壌や植生などによって、その特徴は多様。腐植は土壌中でミネラルを吸着する力があり、これが堆肥の保肥力の源になっている。



○有機原料100%!腐植酸の効果でリン酸の吸収性抜群!
有機肥料「リンサングアノ」




腐植酸

腐植酸

土壌中の有機物が微生物によって分解される過程でできる有機酸を中心とした集合体。
土壌団粒や地力を形成する重要な物質で、原料は炭水化物である。
デンプンやセンイが糖に分解され、さらに糖が分解されて有機酸になる。その有機酸の集合体である。



○有機原料100%!腐植酸の効果でリン酸の吸収性抜群!
有機肥料「リンサングアノ」


二次発酵

一次発酵・二次発酵・養生発酵

●一次発酵
堆肥原料を堆積してから、品温が初めて50℃~60℃になって、切り返しを行なうまでの発酵の工程をいう。
主に糸状菌が活動して分解しやすい有機物を分解し、他の微生物のエサとなる糖やアミノ酸をつくる。

●二次発酵
最初の切り返し後、品温を50℃~60℃に維持しながらセンイなどの難分解性の有機物を分解していく工程で、一次発酵でつくられた糖をエサに、納豆菌や放線菌、酵母菌が増殖し、アミノ酸やビタミン、各種酵素など、さまざまな有機物がつくられる。

●養生発酵
品温を下げながら難分解性有機物の分解をさらに進めて、水溶性の炭水化物をつくる工程。堆肥中の微生物の数を多く保ったまま、放冷・乾燥を進めて、微生物の活動を徐々に休止させていく。





糖度・免疫力を向上!発根促進!
発酵酵素液「B酵素」



乳酸菌

乳酸菌

乳酸菌は嫌気性菌で、乳酸をつくる微生物である。乳製品のヨーグルト、家畜飼料のサイレージなどがこの乳酸菌によってつくられる。
乳酸菌がつくる乳酸は有機酸の一種で、殺菌作用をもつ。食品加工では雑菌を抑える役割を担っている。
ドブロクをつくるときには、イーストを入れて乳酸をつくり、その酸によって雑菌を防いで、酒精酵母のアルコール発酵を助けている。
また、乳酸は有機酸なのでキレートもつくる。つまり土壌中のミネラルを可溶化し、作物に吸収しやすい形にする力がある。






中熟堆肥

中熟堆肥

堆肥の完成品の呼び方。
完熟堆肥になる前の段階で、堆肥中の微生物の種類・数がもっとも多く、同時に微生物のエサとなる分解途中の有機物の量も多い状態の堆肥。
中熟堆肥を土に投入した場合、含まれている有機物をエサに堆肥中の有用微生物がその活動範囲を広げていくことができるので、土の中の有害微生物の増殖を抑えることができる。
中熟堆肥の状態でさらに発酵を続ければ、完熟堆肥になる。



光合成を高めてさらに発根を良くする
発酵酵素肥料「B酵素」



多量要素

多量要素

肥料の三要素であるチッソ、リン、カリに加えてカルシウム(石灰)、マグネシウム(苦土)、イオウの六つの元素は植物に含まれている量が多く、植物が健全に生長するためには肥料養分の中でもとくに多く必要とする。


→ミネラル・微量要素・アミノ酸「有機肥料 海藻ミール」

→天然ミネラル配合「ミネラルジェット」

→100種類以上の微量要素をバランスよく含んだ 天然素材100%の生育促進液「マグプラス」

栄養生長・生殖生長

栄養生長・生殖生長

●栄養生長
・植物の生長の中で葉や根、枝など植物の体を大きくしていく生長のこと。
・栄養生長で光合成を十分行なえる体をつくる。
・主要養分はチッソ。
・栄養生長に片寄った生育では、花が止まらない、奇形果ができる、糖度が十分高くならないなど弊害がある場合がある。

●生殖生長
・栄養生長の後の、花を咲かせ、実をつけて、タネを残す生長のこと。
・光合成によってつくられた炭水化物で子孫を残す。
・主要養分は炭水化物。

<栄養生長期間中に収穫する作物>
○コマツナ
○ホウレンソウ など

<栄養・生殖同時生長の作物>
○トマト
○キュウリ
○ナス など

<栄養生長で体を大きくし、その後の生殖生長による部位を収穫する作物>
○スイカ
○ブロッコリー など






光合成を高めてさらに発根を良くする
発酵酵素肥料「B酵素」



完熟堆肥

完熟堆肥

堆肥の完成品の呼び方。
水分を加えても発酵熱を出さないほど有機物の分解の進んだ堆肥のこと。(C/N比が25以下の場合のみ)




光合成を高めてさらに発根を良くする
発酵酵素肥料「B酵素」



化成栽培

化成栽培

化学肥料(化成肥料、高度化成、単肥など)を使う栽培方法。



生育促進、味や糖度の向上
土壌の活性化に最適な無添加天然有機質肥料(魚粉)
「フィッシュパワー」

一次発酵

一次発酵・二次発酵・養生発酵

●一次発酵
堆肥原料を堆積してから、品温が初めて50℃~60℃になって、切り返しを行なうまでの発酵の工程をいう。
主に糸状菌が活動して分解しやすい有機物を分解し、他の微生物のエサとなる糖やアミノ酸をつくる。

●二次発酵
最初の切り返し後、品温を50℃~60℃に維持しながらセンイなどの難分解性の有機物を分解していく工程で、一次発酵でつくられた糖をエサに、納豆菌や放線菌、酵母菌が増殖し、アミノ酸やビタミン、各種酵素など、さまざまな有機物がつくられる。

●養生発酵
品温を下げながら難分解性有機物の分解をさらに進めて、水溶性の炭水化物をつくる工程。堆肥中の微生物の数を多く保ったまま、放冷・乾燥を進めて、微生物の活動を徐々に休止させていく。





糖度・免疫力を向上!発根促進!
発酵酵素肥料「B酵素」





切り返し

エアレーション・切り返し
堆肥や発酵肥料をつくるときに行なう原料の撹拌や空気の送り込みのこと。
穴の開いたパイプを堆肥舎などの床に配管して空気(酸素)を吹き上げ、発酵(微生物の活動)を調整することをエアレーション、原料を撹拌、堆積し直しながら空気を供給する作業を切り返しという。
空気は多いほどよいわけではなく、冬期に送風量を多くするとかえって品温を下げて発酵が進まないこともある。
気温(送風する空気の温度)と送風量を加減しながら適当な品温を保つことが大切である。


C/N比(炭素率)

C/N比(炭素率)

有機物中の炭素(C)とチッソ(N)の割合(C÷N)をいう。炭素率ともいう。
C/N比は有機物の特徴を示しており、オガクズやバーク、モミガラ、ワラといったセンイ質のものはC/N比が高いのに対して、ダイズかすや魚かすといったタンパク質(チッソ)を多く含んだ有機物はC/N比が低い。チッソが多い有機質ならC/N比は低く、少なければC/N比は高い。
堆肥やアミノ酸肥料(発酵肥料)などをつくるときには、原料のC/N比が適当な値の範囲内でなければ、良質なものをつくることはできない。




糸状菌

糸状菌

コウジカビなどのカビの仲間で、土壌微生物の中でもっとも多い。
こうじ菌によって米のデンプンが糖化されるように、分子の大きな炭水化物(デンプンやセンイなど)を分解して、小さな炭水化物や糖をつくる。また、カツオ節菌のようにタンパク質をアミノ酸にする仲間もいる。
好む温度帯は種類によって違うが、おおよそ15~40℃で、発酵微生物の中では高いほうではない。

糸状菌が有機栽培で重要なのは、デンプンなどの炭水化物を分解して、より小さな炭水化物、糖などをつくる力が強いからである。

アミノ酸肥料をつくる場合、糸状菌によって原料中のデンプンを分解して糖をつくり、その糖をエネルギー源にして、酵母や放線菌などが増殖、今度はこの酵母や放線菌がタンパク質をアミノ酸にかえる。つまり、糸状菌によるデンプンの分解が進まないと、糖ができないために、アミノ酸づくりも効率よく進まない。
糸状菌は、次につづく有用微生物のエサをつくることで、有機質を肥料化するときのスターター的な役割を担っている。




PageTop

プロフィール

有限会社サンジェットアイ

  • Author:有限会社サンジェットアイ
  • 岡山県倉敷市玉島八島1987
    TEL/086-523-5420
    FAX/086-523-5450

    サンジェットアイは、人と環境にやさしいを徹底的に追求し、竹炭や竹酢液、天然植物活性液を用いた環境保全型の農業・園芸をご提案いたします。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。