FC2ブログ

農作物・植物の元肥、追肥時に施用「カナダ産 カニ殻フレーク」

kanigara_200px.jpg

「カナダ産 カニ殻フレーク 20kg」


◆カニ殻肥料の効果
日本の土壌は連作や化学肥料の多用、有機物の施用量の減少などで連作障害の出やすい土壌になっています。
土壌中には様々な微生物が生息しており、地力が低下すると土壌微生物のバランスが崩れ、
病原菌が異常繁殖して作物の生育に重大な影響を与えます。

カニ殻フレークは多量のキチン質(糖たんぱく質)を含んでいるため、土壌中の有効微生物である放線菌、
特にキチン質分解菌の繁殖を促します。キチン質分解菌はキチン質を分解する酵素を産出するため、
キチン質を含む細胞壁で出来ているフザリウム菌などの病原菌の繁殖を抑制し、連作による病害の予防、
軽減効果が期待されます。

◆特長
○含有成分キチン質により連作障害や病害の予防軽減効果が期待されます。
○含有成分は緩効性で長期間、持続的に肥効を示します。
○石灰成分を多く含んでいるので、酸性土壌を中和し、肥料成分の吸収効率を高める効果が期待されます。
○含有成分が土壌の有用微生物の繁殖を促し、土壌の通気性や保肥力などの土壌環境改善が期待されます。


→詳しくはこちら




PageTop

プロフィール

有限会社サンジェットアイ

  • Author:有限会社サンジェットアイ
  • 岡山県倉敷市玉島八島155-4
    TEL/086-523-5420
    FAX/086-523-5450

    サンジェットアイは、人と環境にやさしいを徹底的に追求し、竹炭や竹酢液、天然植物活性液を用いた環境保全型の農業・園芸をご提案いたします。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク
相互リンク